2015.11.30 00:00

ネイルと言えば今まで可愛いピンクや薄いベージュといったカラーが好きな私。
ただそんなカラーに少し飽きてきたので
かなり私冒険してみました・・・!!

ということでテーマが題名になるんですが
【少し背伸びをしたお姉さんネイル】
・・・って背伸びしなくても私はもうお姉さんと呼ばれる年齢真っ只中ですけどね。笑

12142231_775534272575868_44992474_n.jpg

ディオールヴェルニ 428シエナ

購入したのは何年か前と結構昔です。
当時マキアの編集長がtwitterで載せていたネイルがとても可愛く
紹介されていた2本を購入したんです♪
ただそれから少し経った頃ディオールの誕生日月に頂いたプレゼントが
このネイルのミニサイズで同じ色が入っていたときは少し複雑な気持ちになりました。笑

甘皮を整えながら、ベースコートを塗り、このポリッシュを使い
トップコートを重ねた仕上がりがこちら。

12105193_1643009052616511_1830487305_n_20151129181044e30.jpg

少し赤味のあるベージュブラウンです。
指に塗ると結構濃いんですが、ラメ・パールなしの上品なカラーなので
そこまで主張しすぎず、いい女風の仕上がりとなります。笑
周りの人からもすごい好評で褒められました。
最初爪が目立つから、声をかけてくれるのかなーと思っていたんですが、
ネイルをとった後も、あのネイルもうとっちゃったんだ!可愛かったのにー
と言って頂けたので、本当にいい色だったんだ!と思えました(*´ω`)

またこのネイル自体もとってもいいんです。

液はさらさらしすぎず、もたっともいえないいい塩梅で、
少しムラになったかなーと塗った直後思っていても
少したつとじんわり液がのび、境目が分からなくなります。

そしてハケがすばらしい!
平筆で、筆先が半円となっているので爪の根元にフィットし
爪の根元や爪の側面も綺麗に塗ることができます。

乾きは早い方だと思います。
持ちは普通で、5日ぐらい経つとよく使う右手の人さじ指の先が剥がれてきます。

私が今使っているベースコート、トップコートはどちらもキャンメイクです。
甘皮処理はプッシャーで押しやってます。笑
今甘皮を切るハサミ?ニッパー的なものが欲しいんですが
お店で2500円ぐらいしたので購入を踏みとどまっています・・・
もっと探せば安いのがありそうですよね・・・。

あと最近塗るときに気をつけていることは
一度塗りではムラをなくそうとしないことです。
1度目はムラができても気にせず、
2度目の際にきちんとムラにならず均等に塗るようにしています。
1度塗りはムラになることが多いんですが、
2度目はムラになることが少ないので、
1度塗りの時は気にしなくてもいいんだ!と気づきました。

今度はピンク系ばかりではなく、ベージュ系も挑戦してみようと思います♪
スポンサーサイト

| nail | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2015.11.29 18:05

アイシャドウパレットに今まであまり興味がなかったんですが、
elfのパレットが色が綺麗で質感がタイプでとっても使いやすく気に入ってたんです。
そんな時、店舗限定で発売されていたとあるパレットを発見し、
これも絶対いいはず!とお値段が少ししましたが迷いなく購入しました。笑

ただ買ったときは夏だったので、ツヤが強めのメイクの頻度が多く、
購入したそのアイシャドウはマットなものも含まれていたのに加えて
プレスが少し固めで好みではなかったため正直使いこなせていなかったんです(´・ω・`)

そんなアイシャドウ、この秋から全店舗で発売になり、
youtuberさんたちが使っている動画を見ているうちに
やはりすごい伸びしろのあるパレットなんだ!と再確認( *´艸`)
ということで最近使用頻度がぐいぐい上がっているそんなアイシャドウパレットを紹介します。

12106006_725082534294085_1789848509_n.jpg

メイベリン ヌードパレット01

海外ではもともと発売されていましたが日本に入ったのは結構最近。
2200円とメイベリンにしては少しお高めですが、
12色も入っていると考えればかなりのお得感。
全てブラウンなので使いやすい肌馴染みのいい色ばっかり。
ロレアルのパレットのブラウン系も綺麗ですが、
使わなさそうな色が結構多いので購入は見送りました。

使い始めた頃は使う色が本当3色ぐらいしかなかったんですが
今は10色ぐらい気分によって使い分けられるようになりました!
ということで色の紹介。
左上から横並びで順番にA~として紹介します!

12317776_1019295548132938_1315927301_n.jpg

A・・偏光ラメとパールが入った少しピンクっぽいホワイト
B・・シマーは入った赤味のブラウンベージュ
C・・マットなベージュ、色がほとんどつきません
D・・濃くはっきりと発色するブロンズカラー
E・・マットなグレイッシュベージュ
F・・マットなグレーとブラックの中間色
G・・シマーの入った赤味が強いブロンズカラー
F・・マットなソフトブラウン
H・・パールたっぷりのゴールド
I・・ピンクパールの入ったダークブラウン
J・・シマーの入ったソフトベージュ
H・・マットなブラック

マット・シマー・メタリックの異なる質感は入っています。
ちなみに私は発色の濃いメタリックなカラーが大好きです♡
特にDのブロンズ、Hのゴールドが気に入ってます( *´艸`)

使い方はパレットの裏にもかかれているんですが
2色、3色、4色グラデを推奨されています♪
ただ私はAorH+D+Jの組み合わせでよく使っています。

11142244_428617763996928_941795609_n.jpg

さっきも書いたよくしている組み合わせのメイク写真も撮ったので載せますねー
Aのシャンパンカラーをベージュ、
Dのブロンズカラーを丁寧に二重幅に広げて馴染ませ、
Jのダークブランで締めたアイメイクです。

12237104_903196169735860_1711705364_n.jpg

ナチュラルすぎないけれど派手すぎない、
しっかりメイクはしているけれどけばくはないアイメイクが簡単に出来上がります!
elfやヴィセのパレットで作るアイメイクは少しナチュラルめで
エクセルのスキニーリッチシャドウはマットな仕上がりで華やかさが薄いので
このメイクが一番私の中でしっくりきました(*´ω`)

プレスが固めで指でなかなか色がとりづらく
最初は苦手意識があったんですが、
下地を塗り、ブラシでしっかりと色をとると
綺麗に発色することに気付き使用頻度がぐーっと上がりました(笑

私が好きなゴールドや赤味ブラウン、ラメがきらきらしているカラーもありますし
マットなカラーやグレイッシュなカラーもあるので
これ1つあれば皆さんの得意なブラウンアイメイクが完成するパレットだと思います♪

今は締め色を瞼の際に引くのではなく、目尻にぼかしたり
マットなミディアムカラーをクリースに馴染ませたりと
今まであまりしてこなかった塗り方に挑戦しています!
また違う塗り方で自分にぴったりの仕上がりを見つけたら紹介しますね♪

| cosme | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2015.11.25 00:00

読書が趣味な知人より本を借りることがおおく
ここ2週間ちょっとで8冊目を読みだしています。笑
私の知らない作家さんなど、自分では選ばない本を読むってどきどきしますよね。
幸いどれもとても面白く、寝不足になりながらもすぐ読んでしまったので
紹介させて頂きます。



昔は図書館でハードカバーの本を読むことが多かったんですが
最近はもっぱら文庫本が多いです。
こういう本は本棚に並べ、読みたいときに読むという生活に憧れているんですが
最近雑誌の整頓に悩み、雑誌用として電子書籍を購入しようか迷っています。
文庫本やファッション本は背表紙を見てるだけでも楽しいですしね(*'ω'*)



十角館の殺人 綾辻行人

綾辻行人さんはスプラッターホラーの印象が強く、読み始めるのが怖かったんですが、
・・・早く読み始めなかった自分を後悔するぐらい面白かったです。
ミステリーが好きな方の大半はご存知かと思いますが、
ミステリーが好きな方でこの本をまだ読んでいない方は本当おすすめです。
終盤の一行で私の心拍数が一気に上がり、
え?・・・え!?という感動に似た混乱、むしろ混乱に似た感動が生じました。
想像もしなかったトリック、古典的な技法により、
本格的なミステリーに触れた気がしました。

私漫画は何度も読み返すんですが、本って読み返すことが基本ないんです。
これはそんな私が読み終わった瞬間にすぐにもう一度読み直して
この物語をある意味2度楽しませてもらった1冊です。
本当たった1行、たった一言で全てが変わりました。

この本から始まる館シリーズというものがあるんですが
既に水車館、時計館もこの後読みました。
どちらも面白かったですが、私はこれが1番好きです(*'ω'*)



下町ロケット 池井戸潤

今放映されているドラマの原作です。
ドラマを数話まで見ていたときに読みだしました。
ドラマでの登場人物の心理描写がこの本にはしっかり描かれており
人間らしさ、大人のかけひきというものが感じられ、
今までの想像する読書とはまた違った本の読み方ができ楽しかったです。
障害を乗り越え、ただまた新たな障害が発生し、でもなんとかそれも乗り越えて・・・
というハラハラ感もありつつ、邪魔されながらも成功していく様子はスカッとします。笑
ロケット部品というなんだか難しそうな用語がいっぱい出てくるのかな?と思いましたが
全然気にならず、さくさくと読み進めることができたので良かったです^^



私たちが星座を盗んだ理由 北山 猛邦

問題はこれですよ。いい意味でとても裏切られました。
北山さんの本を読むのが初めてなのに加えて
可愛い表紙、最初の話が学校の先輩に片思いする女子高校生の描写。
ふわふわとした可愛い短編集なのかなと思いました。
むしろラブストーリーが得意ではないのでなかなか読み進める気にならなかったんですが
・・・怖かった(´;ω;`)後味のまた悪いこと・・・(´;ω;`)
後味の悪いと書くとネガティブに捉えられてしまうかもしれませんが
いい意味での後味の悪さ。帯の通り、優しく美しくそして残酷。切なさが残ります。
無邪気さからくる残酷。幼さからくる残酷。ギャップがとてつもないです。
どの話も読みやすく、描写も丁寧ですが、何せオチが。
読み終わった後、ずどーんとくる余韻が大変でした。笑
可愛い表紙に惑わされたからこそ、読み終わったあとのもやもや感が増したかと思われるので
今度こういう本を書く人なんだから・・!
という前提でまた北山さんの本を読んでみたいと思いました。



あらすじまで書いたら長くなりそうだったのと
私の語彙力ではあらすじを書いても一言で終わってしまい良さを伝えることができないと思ったので
今回は私の感想だけで書きました!
どれも本当に面白かったですよー!

ミステリーが好きな方は十角館の殺人
あまり本を読まれない方は下町ロケット
ありきたりなストーリーに飽きてきた方は私たちが星座を盗んだ理由
がおすすめです♪
また他に読んだ本の紹介も記憶が新しいうちに記事にします!

最後まで読んでいただいてありがとうございました♪

| book | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2015.11.24 00:00

スキンケアの仕上げ・・・
と題名にしていますが、カテゴリはコスメです。笑

この間紹介したCHICCAのリップスティックですが
タッチアップする際使って頂いた下地がとってもよかったので購入しました。
私のリップ下地での悩みが見事払拭されたアイテムです(*´ω`)

12276801_905284462913121_1276067544_n.jpg

CHICCA エモリエントリップエッセンス

単品の写真がなかった・・・(´・ω・`)
3000円もするリップ下地としても使えるトリートメントです。

このアイテムが他のリップトリートメント兼用リップ下地と違うところは
グロスのような油膜感が全くないとうことです。
そのため次に重ねる口紅などの邪魔をせず
唇を乾燥から守ってくれます。

私がBAさんに紹介された使い方は、
指で米粒1つ分ぐらいとり、滑りが悪くなるまで(しっかり馴染むまで)
唇にくるくる円を描くようにマッサージするということです。

指で広げていっても、決して唇がてかてかすることがなく、
もしかすると見た目は全く変化がないような仕上がりですが
唇がしっとりし、ふっくらしたように感じます。
寝る前にたっぷり塗って保湿するタイプのトリートメントではなく
透明グロスの代わりとしても使えないタイプのアイテム。
私こういうのを探していました。

ディオールのマキシマイザーも下地として使える!と言われていますが
その上から少し固めの口紅を塗ると、するする口紅が滑っちゃって
思うように発色しないんですよね。
更に口紅自体にもリップ下地が付いちゃって品質的に心配だったんです。

こちらはスキンケアの延長線上として使えるぐらい
唇に栄養分を与え滑らかにすることを特化したアイテムだなと思いました。

12135307_1696332167265113_1065629333_n.jpg

ななめカットになっているので
時間がないときはこのまま唇にあてマッサージしたりもします。
テクスチャーもまったくべたべたせず、
スキンケアでいったら使い心地の軽いクリームのような感じです。

もちろんマキシマイザーや保湿メインのリップは大事ですし
私も愛用品がちゃんとあります。
でも唇の下地として一番適したアイテムでいうとこれが断トツの1位です( *´艸`)

ちなみに私が今愛用しているリップケア製品がこちら。

12080578_1607911056138326_1362467496_n.jpg

私の中で3つのジャンルに分けられています。

まず寝る前用が左の3つ

ミストラル フィトリップフォーエム
ニベア リップバター キャラメルクリーム
ローズバッド・パフューム ミンティットローズリップバーム 
どれも高保湿タイプのリップケアアイテムで私は寝る前に使っています。

ミストラルのリップはこっくりとした重めのテクスチャーで
唇の調子がいいと、夜寝る前に塗るだけで
次の日はリップを塗らなくても過ごせるぐらい唇がしっかりと保湿されます。
ニベアは海外のお土産で頂きましたが今はiherbでも購入できるんですよね♪
こちらはミストラルよりもつけ心地の軽いジャータイプのリップです。
香りがとってもよく癒されます。
ミンティットローズはこの3つ中でも一番軽いつけ心地なうえ
香りがミントなので、夏に使うことが多かったです。
ジャータイプなので寝る前用として使ってますが
ライトな質感なのでグロス代わりとして日中も使えます。


次に朝のメイク時に使うアイテムが
メコゾーム ColdZyme LIP BALM /酵素リップクリーム(プレーン)
CHICCA エモリエントリップエッセンス
スキンケアやベースメイクの邪魔にならない軽いつけ心地です。
メコゾームも油膜感がなくべたべたしないリップケアアイテムなんですが
こちらはべたべたというよりもペタペタするんです。
そのため、口紅ではなくグロスを使うメイクの時によく使っています。
CHICCAは先ほど紹介した通りです♪


そして日中使用するリップケアが
ディオール マキシマイザーです。
もう5本ぐらいリピートしており、持ち歩きようと会社用の2本あります。笑
唇が乾燥している日中にこれをつけるだけで
縦皴が消え、しっかりと乾燥から唇を守ってくれます。
グロスとしても使用感抜群のアイテムです( *´艸`)

そんなこんなが今の私のお気に入りリップアイテムです。
リップケアアイテムって値段がお手頃なので
今までいろいろ試してきましたが、最終的にはこの6つで落ち着きます♪
もうすぐミストラルがなくなりそうなので
リピするか、他の良さそうなものを見つけるか、考えるのが楽しみです( *´艸`)

| cosme | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2015.11.23 23:46

限定品の紹介は早くしなきゃ!
と毎回思いながら写真をとるんですが・・・
達成できなかった方が多い那智です(´・ω・`)
ただ今回はいつもと違います!
製品の写真も、2パターンのアイメイク写真もございます!笑

その商品というのは、6色で1600円というプチプラすぎる
アイシャドウパレットです。
アイシャドウパレットって一度はまると色んなものが欲しくなりますよね。笑
今年に入ってパレットはこれで3つめです(*'ω'*)
今回買ったパレットはtwitterで知り、即ファボ、絶対買うと決めていたものです。
発売日の1週間ぐらい前から毎日よく行くDSをチェックしていました。

12292808_169223210096821_856092151_n.jpg

VISEE ヴェルヴェットシマーアイズ BR-2

プチプラの中でアイシャドウの質がよくとっても人気なヴィセから
6色のパレットですよ。しかも1600円。
買えてよかったです。笑
色はゴールドブラウン系とスモーキーピンク系の2色展開。
どちらもテスターで試してみたんですが
もともと寒色系のカラーは得意ではないので
同じような色が探せばありそうですがあえて気にせずこちらを購入しました。笑

使った感想は、買って後悔はしてないけれど、4色の普段のパレットの方が私は好きでした。
粉質はふんわりしていますが、あまり発色がよくなく、
上品な仕上がりではなく、単なるナチュラルな仕上がりになります。
気に入って使ってる方が大勢いらっしゃると思うんですが、私にとってはそこまでな商品でした><
elfのシャドウパレットの方が私好みでした・・・。
ただ使っていくうちに今まで私が挑戦しなかった組み合わせができたりと楽しいです♪

左下のからーはシマーカラーと言われ、大粒のラメが入っていますが
他の5色はラメやパールが控えめだったり入っていなかったりします。
発色は結構薄付きなので、最初は特別お気に入り!というわけではなかったんですが
久しぶりにマットなシャドウを使い、なかなかありだなーと最近使う頻度が高くなりつつあります。

12106276_923562527732234_623544269_n.jpg

まずはパターン1。ナチュラルメイク
左上のハイライトカラー、中央上のカラー、中央下と右側下の2色を混ぜたカラー
でグラデーションを作り左下のシマーを下瞼に重ねておしまい。
中央上のカラーが一番得意な色なんですが、発色が弱く少し残念。
左下のシマーはぱさぱさしていて持ちもあまり良くはありませんでした。
ただとても使いやすい色なのでメイク初心者の方にはおすすめ。
個人的にはもっと濃いアイメイクが好きです。笑

12256596_1041871812535691_1927024218_n.jpg
そしてパターン2。スモーキーメイク。
塗り方に書いてある方法を参考にして
中央下をアイホール、右側上を二重幅に塗り
別のブラシでとった左上のハイライトカラーでアイホールに塗ったマットなカラーを馴染ませます。
そして右下の締め色で瞼の際にアイラインのように引き
左下のカラーを瞼中央に指でのせ、下瞼にも引きました。
気に入ったのがこっちの塗り方。
久しぶりに濃い色を瞼広範囲に塗ったんですが
しっかりぼかしたり、異なるカラーを馴染ませなるべくナチュラルになるようにしました。


最近節約をしすぎたせいか物欲がかなり減ってしまい
クリスマスコフレにも特に興味がなく、
手持ちのアイテムをどうやって使いこなしていくか考えるのが楽しかったりします。
また何かいいアイテムやいいメイク法を見つけたら紹介させて頂きます!

| cosme | コメント(0) | トラックバック(0) | |