FC2ブログ

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2017.12.05 00:00

久しぶりに私の読書記録を・・・
うん、かなり久しぶりな気がする・・・笑

20478925_1950765198536107_7472466801176084480_n.jpg

本日は、お日柄も良く 原田マハ

今度映像化になる本です。
本日は、お日柄もよく・・・から始まるスピーチは
古典的だけど晴れの日独特の言い回しですよね!
そんなスピーチの世界観がつめこまれた一冊です♡

基本ミステリーしか読まない私が
めちゃくちゃおすすめされて読んだ1冊なんですが
ミステリーとは全く違う、
こころあたたまるお話で
テンポが非常によく、躍動感があって、
読み終わったとき、あー良かった♡とほっこりする
幸せな気分に浸れる本でした(*´ω`)

本を読んで幸せな気分になりたい方に
めちゃくちゃおすすめ♡♡

ちょこちょこ恋愛ちっくなものもはさみますが
恋愛系が全く苦手な私でも読めたので
そういう方にはさらにおすすめ!笑

幼馴染の結婚式に出席した
ごくごく普通のOLである主人公が
とあるスピーチに一目惚れ・・・!
そこからただの社会人だった主人公が
スピーチの世界にはまっていき
大きな仕事をこなすまでに成長していく
という感じのお話しです♡

これを読むと仕事頑張らなきゃ!
という一生懸命さを思い出す1冊です♡笑


出版禁止 長江俊和

先ほどとはうってかわってのミステリー本。
数年前に起こった
人気ドキュンメンタリー作家と不倫の女性が
別荘で起こした心中。
結果女性だけ助かるが真相はあまり解明されないままで…
数年後一人のルポライターが
生き延びた女性の取材に成功して
真実を聞き出そうとする話です。

帯に惹かれて購入した本を私は借りたんですが、
確かにラストは衝撃的でした!
びっくりして読み返すほど。
ただ帯に書かれるぐらいの衝撃さは
ミステリー好きの方には
ちょっと大げさに感じるかもしれないです(笑)

あまりミステリーを読まない方には凄く新鮮で面白い本だと思います!


22801914_144607166271202_7865928690738135040_n.jpg

ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾


映画を見て読みました(*´ω`)
映画もよかったし、原作もよかった!
心温まるお話で、映画の後のずっと余韻に浸っていました♡

空き巣を働いた三人が
朝まで過ごすため忍び込んだナミヤ雑貨店。
ナミヤ雑貨店とは昔悩み相談も受けていたお店。
時代が違うのに三人の元にも悩み相談が
舞い込むという奇蹟が起こり、
悩みを通して三人がどう行動を起こすか…
という内容です♡

昔の時代と現在の3人の時代を
いったりきたり、交わらなさそうで交わっていたりと
一見複雑な話の展開なんですが
東野圭吾さんなのですごく読みやすいです♡
映画よりも本の方がエピソードが多く
読んでいて楽しかったです♡
映画も最後のシーンから今後みんなはどうなっていくのか
妄想がいろいろ膨らんでそれもそれで楽しかったな・・・♡


侵入者 折原一

一人称ばりばりで書かれる折原一さんの本は
あまり得意ではなく過去に挫折したものもあるんですが
帯に惹かれて読みました!
最後あたりはオチが少し読めましたが
それ以外にもどんでん返しがあり
私は最後まで楽しく読めた1冊です!
ただあまり評判はよくないみたいですね・・・笑
知人もあんまり・・・と言っていましたが(笑

とあるクリスマスの日
一家4人が殺害される事件が。
半年経っても何も解決せず
遺族が現場付近に住む小説家に推理を依頼。
関係者の話をききながら小説家は
事件の一年後再現劇を現場で行うことに。
というお話。

ミステリー小説特有の
続きはみなさんの想像にお任せ…★
ということがなくしっかりと結末まで書かれていて
私は嬉しかったです(*´ω`)
途中劇の台本っぽい書き方をはさんだりと
段落が少し特殊でしたが
内容はしっかり理解できたのでよかった^^
この作者さんはどんでん返しが好きな人なので
心構えをして私は読んでしまったけど
何気なく読んでいたら
もっと結末になるにつれ引き込まれる
1冊なんだろうなーと思いました(*´ω`)


まだ写真はありますが、
長くなってきたので次回へと・・・♡
スポンサーサイト

| book | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。