--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.06.20 23:52

久しぶりに活字の本の話題です

最近ちょっとずつ余裕ができはじめたので
読みためていた本を図書館で予約しています

その中で借りてきた本がコチラ

080608_0131~01


朝日のようにさわやかに
中庭の出来事

著・恩田陸


私が大好きな恩田陸さんの本です
久しぶりに恩田さんの本を読んだら
「ただいま~帰ってきたよ!」って気分になった(笑



朝日のようにさわやかには短編集で
ミステリーだけど学園ものや
不思議な話や
あまりキツくはないけどスプラッターホラーなど
たくさんつまった素敵な本でした

久しぶりに読む恩田陸の本だったんだけど
この1番最初の短編が私の大好きなシリーズの番外編だったのが
運命を感じかなりおもしろかったな~

短編なので好きじゃない内容のもあったけど(オイ
色んなジャンルが読めて久々に読む本としてはよかったな

中庭の出来事はすごい不思議
3つぐらいの話が入り交ざってあって
複雑なんだけどすいすい入り込んじゃった
とりあえず読み終わってだいたいの話は分かったんだけど
違う人のレビューやあらすじを読んでもう一度納得したい本です(謎


やっぱり活字にはまた違うおもしろさがあるんだね
まだまだ予約中の本があるので随時紹介していきます
スポンサーサイト

| book | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。