2011.06.27 00:00

またもやスキンケアにお金をかけだしてます、私。

この間なんで、
導入美容液→プレ化粧水→化粧水→保湿美容液→美白美容液→クリーム→ニキビ用ジェル
という厚塗りにもほどがあるスキンケアをしてしまいました(・∀・)笑

何年か前までは全然気にしなかったのに、とあるときふと目にした


「まだ若いうちにや肌にまだ治癒力など残ってるうちに、
肌質を改善しないと年をとってからトラブルが起きても治りにくいし、もうケア手遅れ。
維持はできたとしても改善は難しい。」



この言葉を目にした瞬間、単純すぎる私は@を開いたり
美容に詳しい人のツイートを見て数日後には百貨店にいました。笑


そんな私が新しく買った化粧水がこれ

SN3J0129.jpg

アルビオン スキンコンディショナーエッセンシャル


これを定番化粧水にする気はないのでとりあえず一番小さいサイズを買いました


この化粧水は肌を整える役割なので
特に保湿!美白!アンチエイジング!というわけではなく
肌を健やかに清潔に、肌トラブルを全体的に治してくれるという効果があります
そして肌を引き締める効果もあるので夏にぴったりな化粧水です

私はニキビをできにくい肌、すぐ治る肌に改善したくて
これを購入しました


そしてこれは他の化粧水と併用して、プレ化粧水としても
位置づけられているので私はそう使っています


香りはちょっときついけど、清涼感もあり
使う度とても気持ちいいです


この小さいサイズは2週間程度の量なんですが
私化粧水の減りが激しく遅いんです(笑
いつも手に100円玉大しか出してないのに、
そんなに肌が化粧水を吸い込まずいっぱいいっぱいになるんですよねー。
でもそれは何かがおかしい。ということでお姉さんに化粧水の付け方を聞いたところ
やはりコットンがおすすめらしいです

手だと、手の凹凸と肌の凹凸が一致せず化粧水が均等につけれないし
手に栄養が吸い込まれてしまうそうで・・・。
でも手の方が肌の調子がダイレクトに分かるしといい点もありそうですが。


でコットンでの化粧水の付け方は
大きめコットンに人差し指と中指がすけるぐらい化粧水を浸して
中指にだけコットンを出し、人差し指と薬指でコットンを抑えて
下から上へと30~40秒パッティングするみたいです

特に汗をかく夏場は左斜め下、右斜め下の顎を
下からパッティングすると涼しいし汗が出るのも防ぐそうで(・∀・)

化粧水のつけかたって色んな説がありますが
私は当分このやり方で化粧水を使おうかと思います

SN3J0131.jpg


ちなみにスキコンパックのサンプルもらっちゃった
ニキビができそうな時の集中ケアとして
コットンにスキコンをたっぷりひたしてパックするといいという情報を聞いたことがあるので
このサンプルを使うのが楽しみです


で、アルビオン系のスキンケアの特徴として
もうひとつあげられる有名なのが
「乳液先行型スキンケア」


洗顔後乳液で肌を柔らかくして保湿してから化粧水を塗り、水分をぐんぐんとしみこませ
美容液か乳液で蓋をするというスキンケアステップです

その話も聞かせてもらいサンプルを頂きました

SN3J0130.jpg


乳液はたっぷりの量3プッシュを使うそうですよ!
冬はそれを3回繰り返すそうで
それでやっと十分肌に浸透するというぐらいなんで
普段の私のスキンケアは十分肌に染み込んでいたのか
不安で不安でしゃーなくなりました(笑


そんなこんなでまた私のスキンケアに
新しいアイテムが加わりました
スポンサーサイト

| skin care | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ