--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2014.09.30 00:00

ピアスの基本的な作り方は
ビーズや石にTピンや9ピンという細長い針金のようなものを通し
先っぽを丸め、それをつなぎ合わせるというとても簡単なものなんですが、
作るのを見たこともない超初心者の私は
何が作れるのか、どんなものが組み合わされるのか全く想像ができなかったので
貴和製作所のレシピページにとてもお世話になりました。笑

そこで見つけて可愛いデザインのものを作ってみました。




ピンクのピアスは平面に置いた方が可愛さが伝わったかも・・・(´・ω・`)
真ん中にシルバーのチェーンを置き
両サイドにピンクのスワロフスキーのビーズやメタルビーズ、
シャネルストーンというチャームを交互につないだピアスです。
チェーンの目を見ながらつけていったんですが
最初は要領が分からず間違ったところにつないでしまったりと
苦労したんですが、きっと今作るとスムーズにできると思います(笑

デザインがとても可愛いので
いつか色違いで作ってみたいなーと思ってます。
こういうゆらゆらするデザイン大好きなんです♡

そしてうってかわって、とても簡単な
しずくの形のスカシパーツにシャネルストーンという
パーツただ単に合わせたこちらのピアス。
簡単な割にとても可愛くて、気に入ってます。

*スカシパーツ1個・・¥400×2
*シャネルストーン2個入・・\150×1

に丸カン2つとピアスの金具2つで出来上がる
とてもプチプラピアスなんです( *´艸`)
・・・でも1セットで1200円弱。
そんなもんか・・・(´・ω・`)笑

まぁ値段はともかく(笑)
作ってる時間が楽しいし、何を作るか考えるのが楽しいし
色を自由に選べるのも楽しくて
可愛いものが出来上がるって素晴らしいですよね( *´艸`)

しずくのパーツはゴールドとロジウムカラー(シルバー)があり
ストーンは9種類あるので自分で好きな組み合わせを選べます♡




次はフープピアスです。
もらったパーツの中にシルバーのリボンのチャームがあったので
それを使えるデザイン・・・と思って見つけた
ゴールドのリボンのレシピから好きな色を組み合わせて作りました。

シルバーにはブルーが合いそうだし
冬のピアス・・・ブルー系?と思ってこんな配色にしてみました。
こっちはもっと作るのが簡単で
順番通りに2種類の色と大きさの違うビーズをピアスに通して
最後に平ヤットコでぐいっと始めの部分を曲げるだけ(笑
この締め方だとつけにくく外しにくいですが
フープピアスのパーツ1セットで100円なので
手持ちの可愛いチャームやビーズだけでも合わせて作れますよー。

そして初のブレスレット作り!
こちらは2色のシャネルストーンとメタルビーズ、
そして半貴石をカニ缶とアジャスターでつなげ、
アジャスターの最後の留め具を半貴石につなぎかえて作りました。

ブレスレットなので手に馴染みやすいゴールドを使いたくて
ゴールドでまとめてみました。
メタルビーズは間違えてシルバーを使ってしまいましたが(笑
半貴石は手持ち4色あるんですが、どれがいいかなーと思い
配置しながら考え濃い紫(色忘れちゃった・・・)に決めました。



本当こう考える時間が楽しくて楽しくて・・・
なんか一人遊びが得意な可哀想な子になってますね(笑
今度はピンク系でナチュラルな感じを作りたいなーと思ってます♡

そしていろんな方のサイトを見て思ったんですが
手作りされているブレスレットやネックレスのアジャスターの最後の金具
みなさん、前面で使用したアイテムだったり、
統一感のあるアイテムに付け替えてられてました!
確かに統一感が出るし、後ろも姿も可愛いのでいいなーと思いました♪


とこんな感じでまた長くなっちゃった(笑

Twitterでこだわりとか1つ1つ載せちゃうと
コスメ関連でフォローして頂いた方たちに申し訳なくてさらっと書いて終わっちゃう分、
ブログでは思う存分書かさせて頂いてます(笑

アクセサリーだとあまり手作りって分からないし、
どれだけ作っても自分で使えるのでいい趣味だなーと思って没頭しちゃってます(*´ω`)

ただ飽き性なので1か月後まで続いてる可能性がとても少ないですが
もうちょっとお付き合いください( *´艸`)ではー
スポンサーサイト

| handmade | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。